竹小舞-土蔵造り・移築と新築

金沢市内の中心部で建築中の、店舗併用住宅の竹小舞を編むお手伝いに行ってきました。

手前は、富山市婦中にあった土壁塗りの板倉を移築してきたものだそうです。

奥は土壁造りの新築棟です。

板倉の材料は竹や藁、土を含めて全て、再利用です。

こんな感じで一本ずつ縛っていきます。

大勢の人手がかかります。1人工で一坪程しか、施工出来ない感じです。

美しくて、うっとりします。

出来上がると、こんな感じになります。

8月頃には土壁塗りの工程に進めそうな感じだそうです。

コストを計算すると、思っていたよりも安価で施工できる感じです。

戦後のころまでは普通にあった、絶滅寸前の伝統建築が少しづつ見直されてきています。