住宅のリフォーム 電気? ガス? その4-鍋と栄養 - 驚きの食品成分表!栄養価1/9??有害物も摂取??

文部科学省が直近で改定した日本食品標準成分表2015版では「切干大根」や「ひじき」 

鉄分成分大幅に減りました。それも少しではなく大根1/3とかひじき1/9とかの激減です。

この驚愕の結果の理由は、なんと調理器具の変更原因だそうです。

 

ひじきの鍋が鉄鍋からステンレス鍋に変わったのが原因とか。

 

大根は包丁が変わったからとか。

なるほど、確かに南部鉄の鍋でご飯を炊いたり、お湯を沸かしたりすると鉄の何ともいえない

良い香り」がします。

 

包丁を変えると、刺身でも味の違いは明瞭にわかります。

これが、栄養価にも大きく影響するということは

鍋の材質による有害物摂取する恐れがあるということでしょうか。

 

アルミや琺瑯、銅、テフロン加工、プラスチック等様々な素材から有毒物の心配があります。

アスベスト何の心配もせずに多用されてきましたが、どんな素材が今後どのように評価されるかは

一般の我々にはわかりにくいですね。

鍋も、いろんなことを考慮して選択したいですね。