放課後等デイサービス 「ぽっけ」

富山の地域材,「ひみ里山杉」3cmの極厚の無垢材を使った暖かい施設です。

塗装は施主が子どもたちと楽しく塗りました。

 

放課後等デイサービス 「ぽっけ」

の完成内覧会です。

 

設計は池田建築設計事務所さま(←クリック)

畳を取り外して、富山県「氷見の里山杉」1寸厚の、無垢材を張りました。

床材の厚みがあるので熱容量が大きく、床暖房をしてるように暖かいです。

Exif_JPEG_PICTURE

一般的に床材には堅木と呼ばれる硬い材を使うことが多いのですが、柔らかな杉材は

足触りも快適です。

床の塗装も自然塗料のリボスを施主とスタッフや子どもたちで塗りました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

暖房もコンセントから燃料を供給するので、燃料補給の手間いらないガスファンヒーターです。

灯油のファンヒーターと同じ仕組みですが、点火消化の匂いがないのと、エアコンよりは空気が乾燥しないことや、初期投資の金額が安価なこととプロパンガスなので、とにかく温まるのが早いです。

燃料を本体に入れないので、大きさも小さく場所も取りません。使わないときは外して倉庫にしまうことが出来ます。

Exif_JPEG_PICTURE

内覧会は4月21日(土)で、大人も子供も大歓迎でお待ちしております。

 

富山市於保多町8-9 下が地図です。↓